インプラントと総称される、歯を失った部位の顎骨に埋め込まれる人工歯根は、骨結合を得やすいチタン製歯根形状のタイプについては、適応症を選び、適切な施術と良好な管理がおこなわれれば90%近くの経年的な成功をおさめると報告されています。

再建治療への取り組み

東上野歯科クリニックでは十分な診断のもと、開院時より修復方法の重要なオプションとして再建治療に組み込んで参りました。
当院は院長はじめよく噛める義歯にも取り組んでいますこともあり、取り外しの義歯がすべてに劣るとは考えておりませんし、欠損修復において必ずしもインプラント治療が他の修復法に優先されるものではありませんが、インプラントは特定のケース(健全歯を削らず欠損部位のみを修復したり、修復範囲を大がかりに連結しない治療等)において、修復治療におけるパフォーマンスとして他の方法では得られない顕著な働きを期待できます。また粘膜を覆う義歯に嘔吐反射の強い方や歯を失い入れ歯になることが心理的に負担となっています方には、機能的問題以上にインプラントは大きな福音となっています。

東上野歯科クリニックでは容易なケース以外はデジタル3DCTにより顎骨の断層レントゲン写真を撮影しております。
なお、 骨造成処置が必要な場合におきましては、患者さんのご理解のもと口腔内から採取した自家骨や人工骨補填材を利用することがあります。 また、骨造成時には口腔外科医によりPRP(多血小板血漿療法)の併用をすることがあります。

一般歯科・口腔外科
各種保険が使えます。(通常の診療は保険でおこなわれます。)
矯正科
特殊な欠損治療を除き自由診療となります。
予防
PMTC診療
その他
インプラント修復治療・審美的修復治療・精密義歯製作は保険外の処置となります。
金属アレルギー外来(当ビル7階のスキンクリニックに検査受診していただく場合も
あります。)
※高出カレーザーを適所に使用した治療もおこなっています。