院内技工室

東上野歯科クリニックでは院長自らの指導の元、院内にて患者さんの技工物をお作りしています。通常、院外の技工所にて制作されることが多いい技工物が院内で制作されることによって、患者さんにたくさんのメリットが生まれます。

院内技工のメリット

  • 院内の技工室にて、その場で患者さんの形状や色に適合する技工物をオーダーできる
  • 技工士が直接患者さんへの技工物の適合性を確認できる
  • 下請け技工所に出すより早く患者さんのお口にセットが出来る

セレック3Dスキャナー&ミリングマシン

セレック治療の流れ

型取りした模型の撮影

歯を削った後、カメラで口腔内または型取りした模型の撮影を行います。口腔内スキャンの際に患歯に対するパウダー噴霧が不要になり、カラー撮影になりました。歯牙と歯肉の境目が見やすくなったので適合性の向上、作業時間が短縮されます。これにより精度の高い修復物を製作可能になりました。

修復物の設計

コンピューターの画面上で修復物を設計します。モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。設計後、ご用意してある様々な色のブロックから、最も適した色のブロックを選びます。

ミリングマシンによる削りだし

ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピューターで設計されたデータをもとにブロックを削り出し、精度にすぐれた修復物を加工・作成していきます。

口腔内にセット

削り出された修復物を口腔内へセットします。これですべての治療が完了となります。

歯科用3DCT装置

3次元データによる圧倒的な情報量

一般のレントゲンで見えなかった細かい箇所も、3次元・3方向から見ることができることで正確に確認でき、さらに精度の高い診断が可能になりました。インプラント、矯正、抜歯など、幅広い治療での応用ができますので、治療の安全性を飛躍的に高めます。

患者さんからもわかりやすい立体画像

患者様に一緒に見て頂き分かりやすい説明が可能になりました。

3D画像の立体的な画像により、目で見て分かりやすい説明が可能です。患者様に安心して間違いのない治療を受けて頂けるよう、さらに徹底したインフォームドコンセント(治療前のカウンセリングによる患者様の理解・納得)を実現します。

安心の低被爆

CT撮影には被爆が伴いますが、当院の歯科用CTは低被爆を実現した装置です。医療用CT装置の約10分の1程度の被爆で安心してご撮影いただけます。

口腔外科室

当院では、衛生管理を徹底し、プライバシーを確保した完全個室空間の外科室をご用意しております。主にインプラント治療などの外科処置に使用します。
珪藻土の壁と障子が張ってある扉で和の雰囲気にしています。